鳥取城下大絵図 元禄年間以前 鳥取県立博物館
作成年代:元禄年間以前

<解説>
 鳥取城下町全域を描き、武家地(黄色)・町人地(白色)・寺社地(赤色)を色分けする。慶安3年以前の図では貼り紙で示された鳥取東照宮がはっきりと描かれ、また、元禄5(1692)年11月11日に落雷のため焼失した久松山山頂の天守が描かれていることから、元禄初年以前に作られたとわかる。